保育の事故報道と再発防止策

乳幼児突然死症候群(SIDS)のガイドラインを受けて保育者が考えること

 厚生労働省から「乳幼児突然死症候群(SIDS)」のガイドラインがもたらされたことで、SIDSの疑いがもたれる症例については解剖が義務付けられました。それまで全国の保育園で、子どもが預けられていた最中に起こった症例については、残されたご遺族への配慮から、そのほとんどの事案において解剖されることはなかったと言われています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)に関するガイドラインについて、厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)「乳幼児突然死症候群(SIDS)の診断のためのガイドライン作成およびその予防と発症率軽減に関する研究」(主任研究者:坂上正道北里大学名誉教授)においてとりまとめを行ったので、別添のとおり公表します。

解剖しないため、SIDSとの診断はつけられないが、他の原因も特定できず・・・といった場合には、『SIDSの疑いあり』という形で決着づけられてきました。

解明できないSIDSと保育へのワダカマリ

 ただ、その“疑いあり”・・・とは、「窒息死かもしれない」という疑いを拭い去ることもできず、保育園側の過失による事件性が消えることはなく、ご家族と保育園との間のワダカマリは消えずに、あとあとまで残っていくことになります。

さらには、このガイドラインによって、保育園における「不審死または変死」について必ず解剖されるようになったとはいえ、まだ窒息とSIDSの区別がつかないケースがたくさんあることに変わりはありません。それには、以下の項目も関係しているといいます。

II 診断に際しての留意事項:
4) 外因死の診断には死亡現場の状況および法医学的な証拠を必要とする。外因死の中でも窒息死と診断するためには、体位に関係なく、ベッドの隙間や柵に挟み込まれるなどで頭部が拘束状態となり回避出来なくなっている、などの直接死因を説明しうる睡眠時の物理的状況が必要であり、通常使用している寝具で単にうつぶせという所見だけでは診断されない。また、虐待や殺人などによる意図的な窒息死は乳幼児突然死症候群(SIDS)との鑑別が困難な場合があり、慎重に診断する必要がある。

早期のSIDSの科学的解明が待ち望まれる

誰の目にも見て分かる、窒息の原因となった異物が見つかるか、窒息に至る現象が判明しない限りは窒息とせずに、「不詳」にしなさいということです。同時にそれは、保育園や保育者の法的な過失責任を曖昧なものにすることから、最愛の我が子が亡くなった詳しい状況を知り、家族が心の整理をつける機会を奪われることにつながってしまっています。

SIDSとは、防ぎようのないものなのかもしれません。でも、今まで乳児がSIDSによって亡くなる瞬間に立ち会った人間がいないこともふくめて、状況やタイミングによっては、気づかずに予防できている、もしくは蘇生が可能な病気なのかもしれません。

SIDSは無呼吸の覚醒反応を妨げる病態

 現在のところ SIDSとは、普通に寝ている範囲で呼吸困難に陥りそうになったときなど、呼吸をしやすい姿勢をとろうとするといった「覚醒反応」があっておかしくない状況で、何らかの原因によって、その覚醒反応が妨げられて呼吸停止に至ると推測されています。

その『何らかの原因』を取り除くことで防げる可能性の高い病態、または、発見が早く適切な処置がなされれば、無呼吸状態から脱っすることで蘇生する可能性が考えられています。

乳幼児突然死症候群と夜泣き
 SIDS:乳幼児突然死症候群を防ぐためだと言っても、長年、保育現場で保育者が子どもに対してうつぶせ寝で寝かせる行為がなくなりません。乳幼児突然死症候群を防ぐためにやってはいけない

一般的なSIDS予防の一歩先へ進む

最近の研究では、SIDSを患う乳児には、その覚醒反応が妨げられる要因が、先天的に脳にあるのかもしれないという説が有力になってきています。ただし、その脳にある何らかの因子が必ず発動するものなのか、これまで同様に発症を防げるものなのかは、未だに不明です。

保育者は、こういった法や医学の限界を迎えた背景を考えることで、「気をつけよう」という掛け声以上に、あらためて、子どもたちを養育する立場の保育者にしかできないことや、さらなる事態の打開を求めて行わなければならないことが見えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでNurseryOnlineをフォローしよう!

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。

保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。

お気軽にご相談・ご依頼ください

1

保育の危機管理および事故対応等の研修のご依頼は下記入力フォームよりお問合わせください。 メール到着後、弊社担当者よりメールでお返事いたします。 必須ご担当者氏名 例)山田 さくらこ 必須メールアドレス ...

2

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

-保育の事故報道と再発防止策

Copyright© 保育安全のかたち , 2018 AllRights Reserved.