保育現場で使える応急手当

保育と応急手当(特に心肺蘇生)について

Q.「子どもの怪我の手当て方法などを知りたいです。大きな事故が起きたことはありません。でも心肺蘇生なども学んだ方がいいのでしょうか。誰もが受けなくてもいいと思うのですが」

保育士や幼稚園教諭、家庭的事業者やベビーシッターは、その業務領域から子どもの重大事故に遭遇する可能性が高いといえます。そのことから子どもに対する注意義務が認められていて(事故の発生を予測して結果を回避するために具体的な行動が求められる)、ごく自然な形で社会から高度な蘇生技術を習得していることが期待されています。

2010年に小学校内で児童が死亡した事故では、教職員の、子どもに対する呼吸や脈拍の確認方法が不十分だったとされて業務上過失が問われました。このように一般的な、“家族や街中で倒れている人に手をさしのべる”といった善意にもとづく応急手当に加えて、教職員や保育者は、その仕事に付随する義務に応えられる応急手当を身に付けることが必要です。

保育の仕事をするなら習得しておきたい応急処置 7選
 保育者は、安全な保育を行なうためにどのような内容の研修を受けたらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事と

保育の応急手当と人工呼吸の必要性について

 応急手当(特に心肺蘇生)は「やらないよりも、やったほうが生存率が上がる」ことが知られて、一般市民の手による積極的な心肺蘇生の実施やAEDの使用が求められています。講習を受けたことがない人も、緊急通報と胸の真ん中を押すことやAEDの使用が可能です。加えて、職務として研修を受けていく保育者は、さらに次の一歩を目指すことが大切です。

一般市民による応急手当が行われた場合の 1 か月後生存率は 2005 年 8.6%、2006 年 10.1%、2007 年 12.2%で、行われなかった場合と比べて、それぞれ約 1.4 倍(2.4 ポイント)、約 1.4 倍(2.9 ポイント)、約 1.5 倍(3.8 ポイント)高くなっている。(別紙 3 及び 3-1 参照)
出典:心肺機能停止傷病者の救命率等の状況(総務省消防庁救急企画室)

「119番をして救急隊が着くまでの間は、感染防止もふくめて胸を押すだけでいい」という指導が一部にあります。これには前提事項があります。基本は救助対象が大人であること。そして子どもだった場合は、目の前で倒れて意識を失ったことが確認できていること。この条件を満たさない場合は、AEDの使用とともに、「30:2」の人工呼吸を行ないましょう。

保育者の人工呼吸と感染防止という選択について

母子感染でB型肝炎に罹患した子どもを元にした保育施設内の集団感染がありましたし、乳幼児の吐き戻しによる窒息事故もあるので、保育者は応急手当で感染防止を考えることは大切です。しかしそもそも人工呼吸で子どもから救助者が感染する確率は低く、医学的にも安全な感染防護具を用いる人工呼吸の習得によって、「やらなくていい」以外の選択肢が生まれます。

保育施設で子どもの命を失う可能性の高い最も身近な事故は、年齢問わず食事による窒息です。うつぶせ寝やプールあそびの溺水事故による呼吸障害でも子どもが亡くなっています。注意義務が課せられた保育者は、最初から行なわない一択ではなく、様々なシチュエーションに対応できる研修を受けて、状況に合わせて選んで実施することが求められています。

保育者が消防署で応急手当を受講するポイント

 消防庁の応急手当のプログラムは日本で受講者が最も多く、応急手当の入り口にうってつけです。しかし「上級救命講習」以外は、自治体や地域の消防施設のリソースによって応急手当講習の構成が変化しますので、依頼する際は丸投げせずに、保育施設として目的に沿った講習が受けられるように、自ら要望を出して実施が可能な場合に依頼しましょう。

心肺蘇生は体力も必要です。119番してから救急隊が到着するまで全国平均で8分といわれ、たとえ救急隊員であっても、ひとりきりで最大の力を出し続けられるものではありません。保育施設に看護師や養護教諭が配属していても、だれかひとりが受けたから大丈夫ということは決してありません。ぜひ組織一丸となって誰もが同じように受講しましょう。

安心安全な保育を届ける応急手当の考え方

保育施設で子どもが亡くなっています。心肺蘇生など深刻な事態に対応できる技能の習得が必要です。しかしマネキン相手に「呼びかけへの反応なし、呼吸なし。AED、胸を圧しましょう」と型通りの練習だけをすることで、実際に子どもが倒れても、呼吸ができている意識障害に戸惑う保育者が少なくありません。心肺蘇生だけで満足しないことも大切です。

集団保育の応急手当 「万が一のとき」の初期対応の手順
 応急手当の基本はケガや病気が悪化することを遅らせたり、手当て開始当初の状態を留めることです。それに加えて、保育者には「保護者の不安を解消すること」が応急手当のゴール到達に求められ

安全な保育環境はつくることができますが、安心は子どもと保護者に感じてもらうものです。大事なことながら心肺蘇生だけですべての子どもを救えません。子どもの命に関わる重大な事故の発生を抑えて、小さなケガを丁寧に手当てすることで子どもが安心して元気にあそび、その姿を見て保護者の信頼が積み重なって、安心安全な保育が築かれていきます。

安全とのびやかな保育が両立する安全管理とは

Q.「安全を理由にあれもダメ、これもダメというのが保育でしょうか。ケガをして学ぶともいうように、少々危険なぐらいの方が、あそびの中で子どもが育つのではないでしょうか」

間違えてはいけないのは、乳幼児のあそびで「危険な状態に子どもの身をおいてケガから学べること」はありません。しかし安全のためだったら子どもに何もさせないということでも、決してありません。たとえば子どもと川遊びをしていて、落ちて水にぬれる程度は問題ないと考えていたら、溺れて亡くなってしまうということがあるのが事故です。

多くの事故は防止可能であり、これによる心停止を未然に防ぐことは重要である。事故は偶発的で避けられないもの(accident)ではなく、防止可能な傷害(injury)ととらえ、不慮の事故による傷害の防止(injury prevention)についての市民啓発が重要である。
出典「JRC 蘇生ガイドライン 2015オンライン版」一般社団法人 日本蘇生協議会

事故を予測して結果を回避する保育のリスクマネジメント

事故が起きてしまってからでは、結果については誰もコントロールができないので、まず、子どもの命が失われるような最悪の事態を想定して、リスクに対する対策を立てた上で、何もさせないのではなく、子どもの主体的な活動として価値がうまれるように、保育方針にてらしてメリットとリスクとのバランスをとることがリスクマネジメントの目的になります。

保育のリスクとハザードの定義(リスクマネジメントの基礎知識)
 平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、それに伴って、保育施設が遵守すべき安全についての規定(平成26年内閣府令第39号)が定められました。これまで保育の安全性

安全とのびやかな保育は両立します。奪うばかりではないかと悩んだときは、バランスをとるのと一緒に、あそびが目的化していないか振り返ることも大切です。計画したあそびが行えなくとも、保育のねらい(目標)を叶える代替案(手段)が出てくることでしょう。

保育施設にとっての応急手当のライセンスの価値

Q.「認定証の期限が切れそうですが、切れる前に応急手当を受講した方がいいでしょうか」

保育の安全を高めるため、応急手当の講習会を保育者が受けているということを、保護者がひと目見て把握できれば保育施設に対する信頼を深めていただけます。認定証の期限が切れないように受講を継続することは大切です。保育者は積極的に安全に努めている証を見ていただいて、保育する姿勢が理解されるように努めることが望ましいでしょう。

応急手当は日本国内の蘇生ガイドラインをもとに、消防庁や赤十字、そして民間団体が目的に応じたプログラムをつくっています。受講者が一番多く身近に受けられるのは消防署ですし、シミュレーションにつよいプログラムもあれば、受講対象に応じて細かにプログラム構成を分けた講習会もありますので、職務に見合う講習プログラムをご検討ください。

病児保育をやりたい 本気で保育事故をなくしたい 保育におすゝめの研修5つ紹介
 病児保育のニーズが高まっています。保育園の増加、保育ニーズの多様化に伴って安全性の確保も求められています。保育園児の命を守りたいと兎にも角にも救命講習を受講するのも大切ですが、ど

認定期限より応急手当の技能の質を大切にしましょう

応急手当のライセンスの期限というのは、基本的に受講履歴を認証する期限をいいます。たとえば期限が2年間であれば、それは「2年間は過去に受講したことの証として再受講を認め、期限を過ぎると新規扱いで講習を受けることになる」といった意味をもっていて、更新プログラムなどを受けられます。講習を提供する側の都合による仕組みといえます。

熱心に受講した人でも数か月すると細部を忘れたり、救急隊でも技能の質が落ちます。一般市民の中で高度な応急手当が求められる保育者も、期限内の受講の継続がわるいわけではありません。しかし人工呼吸など躊躇なく実施できることが望ましく、更新期日にこだわらずに少なくとも一年に一回、できたら半年に一回のペースの受講をおすすめします。

応急処置講習の受講者のご意見

Q.「受講した人の感想を教えてもらえますか」

受講した保育者の感想の一部を公開いたします。受講しようか考えてくださっている皆さんは、ぜひこれも参考にしながら検討してください。

実際の体験談など、とても参考になった

  • 本日の講習内容はいかがでしたでしょうか。
  • 大変参考になりました。

  • 本日の講師はいかがでしたでしょうか。
  • 実際の体験談など、とても参考になりました。
    わかりやすく、熱意の伝わる講習でした。同じ保育園で働いた経験が活かされたお話で共感・共有できるお話が多かったです。

  • 全体的なご意見・ご感想
  • 全職員に受講させたい内容でした。

職員間でケガ予防の統一の必要性を感じた

  • 本日の講習内容はいかがでしたでしょうか。
  • 心肺蘇生法などの実技的なこともわかりやすく知ることができたし、事故、ケガ予防も職員間で統一していかなきゃいけないんだと感じた。

  • 本日の講師はいかがでしたでしょうか。
  • とてもわかりやすく教えてくださったので、とてもためになりました。

  • 全体的なご意見・ご感想
  • 普段は、そこまで、事故のことなど本当に真剣に教えていないので、しっかりとこれからは教えていきたい。

スタッフ同士話し合いの時間をもって見かえしたい

  • 本日の講習内容はいかがでしたでしょうか。
  • 分かりやすく実践することができ、タメになりました。

  • 本日の講師はいかがでしたでしょうか。
  • 分かりやすくリラックスして受講できました。

  • 全体的なご意見・ご感想
  • 改めて事故や怪我について考えることができました。今日学んだことを普段の保育に生かしていきたいです。またスタッフ同士話し合いの時間をもって見かえすこと大切だと思いました。

実践的な気道の確保や人工呼吸を学ぶことができた

  • 本日の講習内容はいかがでしたでしょうか。
  • 実践的な気道の確保の仕方や人工呼吸を学ぶことができたので、講習を受けてよかったと思いました。実際に体験してみることで分からなかったことを確認することができました。

  • 本日の講師はいかがでしたでしょうか。
  • 分かりやすかったです。

  • 全体的なご意見・ご感想
  • 知識があるのと、ないのとでは全く違うと思いました。まだ保育士にはなっていませんが、保育の場で働く上で大事な知識であると思います。危機管理などまだ何が起こるか分からないが、これまで以上に気をつけたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでNurseryOnlineをフォローしよう!

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。

保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。

安全で豊かな保育づくりに向けて

1

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

2

保育を仕事にする対応義務者(保育士や幼稚園教諭ほか、ベビーシッターと保育ママなど)に子どもを守り、保育を守る応急処置のほか、リスクマネジメントに関する研修や情報をお届けし、保育の安全性を高めて重大かつ ...

3

 保育者は、安全な保育を行なうためにどのような内容の研修を受けたらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注 ...

更新日:

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.