運営事務について

「保育救命」ほか出版実績

 2,016年7月に出版した「保育救命 ~保育者のための安心安全ガイド~」が、出版から1年を経過したことを記念して、「1.保育救命の無料プレゼント」、「2.オンライン動画セミナーの視聴特典」ほか「3.保育施設でクラス分購入して無料講習を受けよう」の3つのキャンペーンを行なわせていただきます。まだ手に取っていない方はこの機会にご検討ください。

2,016年に「保育救命‐保育者のための安心安全ガイド‐」(ひろばブックス:メイト)と、「保育事故対応マニュアル」(弁護士 柴田洋平 共著:株式会社チャイルド社)を出版。2,014年には「保育現場の「深刻事故」対応ハンドブック」(山中 龍宏, 寺町東子, 栗並えみ, 掛札逸美 (著):ぎょうせい)にコラム提供。

1.『保育救命』無料プレゼント 10名限定

 「保育救命」の Amazon.co.jp の販促ページにカスタマーレビューを書いてくださる方を対象に、「保育救命 ~保育者のための安心安全ガイド~」を送料ともに無料で進呈いたします。送られてきた「保育救命」の感想(レビュー)を投稿できる方なら、どなたでもご応募いただけます。すでにご購入いただいた方は、この機会にご友人にプレゼントはいかがでしょうか。

1冊でも多くの方のお手元にお届けしたいという思いとともに、発売から1年を通じて数多くの方にご購入いただいている中、大量のバラまきは意に反することから、勝手ながら「送料ともに無料で進呈する」のは10冊(応募者おひとりにつき1冊限り)とさせていただきます。お申込みいただきしだい、郵便局のレターパックで梱包して1週間程度でお手元に配送いたします。

「保育救命 ~保育者のための安心安全ガイド~」とは

重版決定!「保育救命」保育者のための安心安全ガイド(ひろばブックス)増刷中
 保育施設で、子どもたちが安心して、元気にあそぶことができる、子どもの発達を保障する安全な保育環境づくりを応援していくためのガイドブック、「保育救命」が、7月1日(金)メイトのひろ

2. 好評の保育事故対応セミナーの動画版を無料視聴

好評いただいた「保育事故の裁判事例 20選からゆたかな保育につながるヒントを探すセミナー」(2,017年1月開催)の特別動画版を、「保育救命」ほか「保育事故対応マニュアル」の 2冊を同時に購入(送料無料)してくださった方のみ全員に無料視聴していただきます。

お申込みいただきしだい、郵便局のレターパックで梱包して1週間程度でお手元に配送するとともに、セミナー動画(スマホ視聴可)の配信準備(7月末予定)ができしだい、応募時のメールで視聴方法をお知らせいたします。

3. 保育施設でクラス分購入で無料講演会を承ります

「保育救命」について、クラス担任分をまとめてご購入くださった保育施設 様対象に、講師料を無料にて書籍内容に関連した講演会を承ります。応募は最低 20冊からの同時購入とし、クラス数の少ない近隣の保育施設同士が共同で(またはひとつの法人が運営する複数施設をまとめて)購入いただくケースもお受けいたします。

ご応募の書籍購入については、株)メイトの代理店からご連絡を差し上げます。ほか講演会の日時等については、応募時のメールでご相談の上で決定させていただきます。

ご応募・ご購入にあたっての特定商取引法に基づく表記

メディア:「保育安全のかたち」https://child-care.ne.jp/
運営: 株式会社産業保育エデュケーショナル
責任者: 遠藤 登(個人ツイッター)/ 保育士(詳細および経歴はこちら
所在地: 〒156-0043
東京都世田谷区松原3丁目30−10

連絡先
TEL: 050-3700-6638
FAX専用: 03-6379-3039

事業目的
1) 研修、セミナー及び講演の企画、斡旋並びに実施
2) 品質、環境、労働安全衛生等の調査、研究、執筆、教材開発及びコンサルティング
3) 福祉、健康、医療及び保育に関する事業の請負並びにこれらの事業の開業支援ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでNurseryOnlineをフォローしよう!

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。

保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。

安全で豊かな保育づくりに向けて

1

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

2

保育を仕事にする対応義務者(保育士や幼稚園教諭ほか、ベビーシッターと保育ママなど)に子どもを守り、保育を守る応急処置のほか、リスクマネジメントに関する研修や情報をお届けし、保育の安全性を高めて重大かつ ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

投稿日:

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.