「自前救命講習開催のすゝめ」 一覧

安全で豊かな保育づくりに向けて

1

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

2

保育を仕事にする対応義務者(保育士や幼稚園教諭ほか、ベビーシッターと保育ママなど)に子どもを守り、保育を守る応急処置のほか、リスクマネジメントに関する研修や情報をお届けし、保育の安全性を高めて重大かつ ...

3

 保育者は、安全な保育を行なうためにどのような内容の研修を受けたらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注 ...

「ファミリー&フレンズCPRコース」をつかった自主研修のすすめ

 救命救急講習といえば消防署の普通救命講習が有名ですが、指導資格などに関係なく誰でも国際規格の心肺蘇生法講習を開催することができる教材「ファミリー&フレンズCPRコース」をご案内します。 ファミリー& ...

乳児人工呼吸の自主学習キットで保育の合間の練習を日課にしよう

 保育園で心肺蘇生法(CPR)の練習をしたくても高価なマネキンは買えませんでした。安価な救急救命マネキンでは胸を押すことだけしかできませんでした。ここに安価で誰でも手に入れられ、子どもの事故に関わる保 ...

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.