運営事務について

研修講師や講演ご依頼時によくある質疑応答

 研修講師や講演のご依頼時のやりとりで、よくある質疑応答をお届けします。ご参考にしてください。特に最近あったお問い合わせの中で、ご相談からお受けしたものの正式な依頼へとつながらなかったケースなどについて、ご参考までに冒頭でお伝えいたします。

  1. 研修事業を受託するための企画段階で講師の打診をいただくケース
  2. 保育施設の保護者会やPTA向けに講習をご相談いただいたケース
  3. 社内研修用に講師が使用する資料やマニュアルの執筆を依頼いただいたケース

正式な依頼につながらなかったケースについて

1.「研修事業を受託するための企画段階で講師の打診をいただくケース」につきましては、これまでお付き合いのある方と、そのご紹介を除いて、受託前段階での打ち合わせほか、受託できなかった場合においても、スケジュールの拘束および研修内容の検討の手間が発生するため、原則、有料とさせていただきます。ご相談の段階でご承知おきください。

2. 全国の保育施設で子どもの事故、小さなケガをきっかけにした苦情、保護者とのトラブルが増加しています。「保育施設の保護者会やPTA向けに講習をご相談いただいたケース」については、そのような社会的背景をふまえ、園運営を円滑に進めるためのリスクコミュニケーションを目的とした園内研修の一環として、保護者のみなさんを主に対象としたワークを交えた講演会を実施しております。職員研修と同様の講演費用などを頂戴しますことをご承知おきください。

研修資料づくりは詳細の打ち合わせが発生いたします

3.「社内研修用に講師が使用する資料やマニュアルの執筆(作成)」をご相談いただく場合、これまでに、どのような研修を経て、どの段階に達したのか、ご相談元の社内講師が、どういったポイントで資料をお使いになるか、といった、必要なところをヒヤリングした上で(複数回の打ち合わせを行なうことがあります)、研修意図に合わせた資料をご提供いたします。

法人向け保育事故の危機管理コンサルティングほか園内研修について
 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけととも

テーマ設定からすべてをお任せいただく講演・研修から、職場内研修等においては、ご依頼時点での保育・教育環境の課題に対して最も求められた内容をお伝えするために、必要に応じて「守秘義務契約」を結んで、ヒヤリングを行なわせていただきます。

講師料や研修費のお見積りについて

 まずは、率直にご予算を聞かせください。講師料(または研修費用)につきましては、ご相談者の過去において、研修講師に依頼した実績や支払い規定にもとづいたご予算をお伺いした上で、研修内容のご要望と照らして構成の検討を行ない、もしご予算を越えるような場合にも、研修意図に最も適した研修内容を構成して、お見積りをご提案いたします。

保育のリスクマネジメント(安全対策の基本的な考え方)にはじまり、事故対応に対するカラダをつかったワークまでを一体化した、3時間ワンパッケージの研修例:8万円~(研修規模、構成内容によって変化します。条件によって別々の研修も行ないます)

研修(講習)当日までの進め方について

ご予算や内容についてお気軽にご相談ください

必須お名前
任意所属先
必須メールアドレス
必須郵便番号
任意ご住所
任意電話番号
必須メッセージ本文
送信内容を再確認したらチェックを入れてください【必須】

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。

保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。

安全で豊かな保育づくりに向けて

1

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

2

保育を仕事にする対応義務者(保育士や幼稚園教諭ほか、ベビーシッターと保育ママなど)に子どもを守り、保育を守る応急処置のほか、リスクマネジメントに関する研修や情報をお届けし、保育の安全性を高めて重大かつ ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

投稿日:2014年8月16日 更新日:

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.