発達と保育リスクマネジメント

保育のリスクとハザードの定義(リスクマネジメントの基礎知識)

 平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしたことに伴って、保育施設が遵守すべき園活動における安全についての規定(平成26年内閣府令第39号)が定められました。これまで保育の安全性といえば、事故を起こすか起こさないかの『結果』によって判断されていましたが、今後は、定められた安全基準を満たしているか否かで判断されていきます。

この安全基準を満たすためには、保育の事故の再発防止を目的とした、安全で豊かな保育環境をつくる取り組み(リスクマネジメント)が重要です。保育における「リスクとハザード」の理解を深めて、子どもが事故に合う危険性を予知していただき、リスク回避するための安全対策を実施しながら、子どもが安心して、ゆたかに過ごせる保育を実践していきましょう。

保育のリスクとハザード(危険性または有害性)の違い

厚生労働省はハザードについて「危険性又は有害性」だと定義しています。保育におけるハザードとは、個々の「子どもの特性」に対する「環境要素」や、「保育者要素」に起因する危険性又は有害性です。さらに厚労省は「リスク」について、その「危険性や有害性のあるモノや事象(ハザード)と関わりをもつことで悪い結果をもたらす可能性」と定めています。

一般にリスクとは、行為で得られるベネフィットと天秤にかけられます。そして多数に対するベネフィットが優位な場合に活動が実施されます。たとえば、刃物(危険性)の「ハサミ」は手に取って使用することで、ハサミの刃によって傷害が生じるおそれ(リスク)が表出しますが、世間一般では平均して3歳児程度から子どもがハサミを使用する保育が見受けられます。

「リスク」:危険性・有害性によって生ずるおそれのあるけがや疾病の重篤度と発生する可能性の度合い。
「ハザード」:建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、または作業行動その他業務に起因する危険性又は有害性。
出典:「危険性又は有害性等の調査等に関する指針」

保育におけるリスク要素とハザード因子の細分表

子どもの特性 個々の発育曲線の到達度合い
発達障害・身体障害・知的障害
アレルギー症状・キャラクターなど
環境要素 ハード面 マテリアルエラー
(危険性と有害性)
建材・遊具、生活雑貨等の物的環境など
ケミカルエラー
(有害性)
衛生管理・中毒性・アレルギー物質など
周辺環境 ファミリーインフルエンス
(危険性)
児童の体調管理(集団感染ほか)、
個人情報管理(虐待やいじめといった
親しい人間がもたらす害)など
システムエラー
(危険性)
多職種連携(役割分担)・地域連携など
保育者要素 ソフト面 ヒューマンエラー
(危険性)
保育者の専門性の欠如
計画・実施における過失性など
人的配慮 マネジメントエラー
(危険性)
配置基準・シフト調整、人材育成など

リスクとはハザードで生じる事故発生の可能性の度合い

 しかし個々の子どもの特性に対する危険性を見誤ると、多数のベネフィットよりも少数の損害にともなう社会的損失の方が大きくなることがあります。子どもの最善の利益のために、時に個々の子どもの特性にとってのリスクの大きさを最優先にうけとめて、そん色のないベネフィットを、あらゆる子どもにどのように届けるかが保育の質として問われています。

リスクとハザードを理解することは、保育の事故を回避するだけに留まらず、万が一事故が発生してしまった場合にも、その事故が発生するに至ったプロセスを分析することに役立ちます。保育の重大事故の再発防止に向けた検証制度づくりが進みはじめています。利用者が納得できる再発防止のための証を立てて安心安全な保育を保証することが求められています。

保育向けチャイルド SHEL 分析を役立てて事故検証における証を立てることが大切
 認可保育園、認可外保育園で重大事故が発生した際の報告義務化とは、ただ事故の状況説明が求められているわけではなく、再発防止に向けた事故検証が行なわれる際の適当な情報を提供することに

保育のリスクアセスメントから安全対策のPDCAを回す

保育実践を通じて発見・評価・対策・修正をくり返す

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。【評価:★★★★★】

【読者の声】保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。【評価:★★★★★】

お気軽にご相談・ご依頼ください

1

主催団体向け 公募した受講対象者に向けた集合研修への登壇依頼・実施までの流れ 設置法人向け 施設内ほか設置法人内の職員に向けた研修のご依頼・実施までの流れ 保育の危機管理および事故対応等の研修のご依頼 ...

2

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

更新日:

Copyright© 保育安全のかたち , 2018 All Rights Reserved.