平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートしたことに伴って、保育施設が遵守すべき園活動における安全についての規定(平成26年内閣府令第39号)が定められました。これまで保育の安全性といえば、事故を起こすか起こさないかの『結果』によって判断されていましたが、今後は、定められた安全基準を満たしているか否かで判断されていきます

この安全基準を満たすためには、保育の事故の再発防止を目的とした、安全で豊かな保育環境をつくる取り組み(リスクマネジメント)が重要です。保育における「リスクとハザード」の理解を深めて、子どもが事故に合う危険性を予知していただき、リスク回避するための安全対策を実施しながら、子どもが安心して、ゆたかに過ごせる保育を実践していきましょう。

保育のリスクマネジメント(保育に伴うリスクの取り方)

厚生労働省はハザードについて「危険性又は有害性」だと定義しています。保育におけるハザードとは、個々の「子どもの特性」に対する「環境要素」や、「保育者要素」に起因する危険性又は有害性です。さらに厚労省は「リスク」について、その「危険性や有害性のあるモノや事象(ハザード)と関わりをもつことで悪い結果をもたらす可能性」と定めています。

一般にリスクとは、行為で得られるベネフィットと天秤にかけられます。多数に対するベネフィットが優位な場合に活動が実施されます。たとえば、刃物(ハザード)である「ハサミ」は手に取って使用することで、ハサミの刃によって傷害が生じるおそれが表出(リスクが発生)しますが、世間一般では平均して3歳児程度から子どもがハサミを使用する保育が見受けられます。

「リスク」:危険性・有害性によって生ずるおそれのあるけがや疾病の重篤度と発生する可能性の度合い。
「ハザード」:建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、または作業行動その他業務に起因する危険性又は有害性。
出典:「危険性又は有害性等の調査等に関する指針」

保育計画でリスク(ベネフィットと不利益)のバランスをとる

しかし保育者が個々の子どもの特性に対する危険性を見誤ると、多数のベネフィットよりも少数の損害にともなう社会的損失の方が大きくなることがあります。子どもの最善の利益のために、時に個々の子どもの特性に対するリスクの大きさを最優先にうけとめても、あらゆる子どもにベネフィットをそん色なく届けられるかどうか保育計画立案において重要な課題です。

保育計画を立てるにあたっては、計画に基づく保育環境を準備し(ハード面)、活動で想定される子どもの姿を補うように職員が連携して(システム面)、ハザードとの接触に伴う危険性や有害性が小さくなるよう組み合わせます。これらは保育者ひとりひとりが研修を受けて専門性を高めて、マニュアルにもとづいて役割を果たすことが求められます(マネジメント)。

保育の安全点検もリスクマネジメントの視点でチェック!

 保育施設で多く用いられている安全点検用のチェック表もリスクマネジメントの視点が必要です。

たとえば「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」に掲載された年齢別のチェックリストにある『1 子どもの周囲に鋭い家具、玩具、箱などがないかを必ず確認し、危険なものはすぐに片づけている(か否か)」にチェックする場合も、通り一遍に鋭いものを除くだけでなく、保育対象である0歳児にとって、ハザードが周囲にあることがそのほかの不利益を考慮してもベネフィットにつながる要素が高いかを見極めてチェックします。

「15 よだれかけを外してから、子どもを寝かせている」と比べると、『よだれかけを外したかどうか(リスクの回避)』を確認するのに対して、前述の項目は、鋭さというハザードの危険性のひとつについて確認(リスクの軽減)はしても、家具や玩具が子どもの周囲にあることそのもので生じるリスクは別に確認する必要があります。

これらをチェック項目にすると際限がなくなる上に、増えた項目にチェックすることが目的にならないよう注意することも大切です。


教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドラインより

リスクを回避、転嫁、軽減、受容して保育を安全にする

安全点検とは、有るか無いか、やったか・やってないかといった白か黒かを確認するだけではなく、保育のあそぶ・ねる・たべるといった活動全般に伴うリスクを洗い出す作業をいいます。リスクを把握することに加えて保育を実践するにあたっての対応をも決めます。たとえば前述の「よだれかけを外しているか?」は、よだれかけをしたまま眠ると首が締まる危険性がとても大きいため、そのリスクを回避して消失させる対策を確実に実施する意味をもっています。

園外保育で子どもたちを広場で思いっきり駆け回らせたいといった場合、転ぶなどして子どもが小さなケガを負うことを織り込み済みで計画することも少なくありません。このように教育的配慮を優先して小さいながらもマイナス面のリスクを受容するといった場合は、想定以上の事故に発展させないことに加えて、保護者を交えた誰もが納得いく結果に終わるように、一度だけの安全点検ではなくリスク評価に変化はないか繰り返し確認して対応することが大切です。

  • 軽減:その事象が発生するリスクを低減したり、発生した場合の影響を軽減すること。
  • 回避:その事象が発生しない方法を選択して、リスク自体をなくしてしまうこと。
  • 転嫁:その事象の発生する可能性があることを他者に任せたり、発生した影響を他者に負担させること。
  • 受容:その事象の発生した結果を受け入れること。

保育実践を通じて発見・評価・対策・修正をくり返す

保育中も状況は刻々と変わります。子どもが傷病を負った場合も時間が経つほど悪化に向かいます。繰り返し点検していて、または偶発的でも、それ以前とくらべて少しでも状況が変化していることを発見したら、すぐさま発生する被害の大きさを評価して対策を実施します。このようにして保育環境の修正を繰り返して保育計画の進行を見守っていく必要があります。

リスクとハザードを理解することは、保育の事故を回避するだけに留まらず、万が一事故が発生してしまった場合にも、その事故が発生するに至ったプロセスを分析することに役立ちます。保育の重大事故の再発防止に向けた検証制度づくりが進みはじめています。利用者が納得できる再発防止のための証を立てて安心安全な保育を保証することが求められています。