「 時事ネタ 」 一覧

保育の事故報道と再発防止策

保育園給食の高温スープを1歳児にこぼさせた火傷事故の要因予測と再発防止策

 愛知県知多市にある保育園で1歳児が大やけどを負うといった事故が発生しました。会見によると「子どもの手の届く範囲にカートを入れたのは落ち度があった。救急車を呼ぶべきだったが、職員の車で搬送してしまった ...

保育の事故報道と再発防止策

さいたま市保育園のプール死亡事故報告書を読み解いて安全なプール開きを実施しよう

 猛暑が予想される今夏。梅雨明けとともに水あそびやプール開きを考えている保育施設も多いことでしょう。同時に水あそびの規模やプールの大きさに照らして一律に安全対策を求められても困ると感じている現場の声も ...

保育の事故報道と再発防止策

保育向けチャイルド SHEL 分析を役立てて事故検証における証を立てることが大切

 認可保育園、認可外保育園で重大事故が発生した際の報告義務化とは、ただ事故の状況説明が求められているわけではなく、再発防止に向けた事故検証が行なわれる際の適当な情報を提供することに目的が置かれています ...

保育の事故報道と再発防止策

ベビーセンサー:睡眠の見守り行為を補足する製品を導入する場合の考慮ポイント

 保育園のお昼寝時間に、「うつぶせ寝による窒息が疑われる」死亡事故の発生が度重なっていることから、お昼寝時間の保育者の見守り方法に大きな注目が集まっています。うつぶせ寝の防止などルール化されているもの ...

保育の事故報道と再発防止策

さいたま市保育園のプール死亡事故の報道から見えた危機管理の問題点

 2,016年7月に発生した認定こども園のプール事故につづいて、2,017年8月にさいたま市にある保育所プールで重大事故が発生しました。前者の事故が、33人の園児が50センチ以上の水かさのプールに入水 ...

保育現場の重大事故を防ぐ研修

保育事故の裁判事例 20選からゆたかな保育につながるヒントを探すセミナー

 子どもたちを保育して、子どもの命にかかわる仕事である以上、保育者は常に過去の重大事故に学び、「うちの園でも起こるかもしれない」「うちの園ではどのような対策が取れるだろうか」と、自分たちの保育に当ては ...

保育現場で使える応急手当

たのしいプール開きから一転!保育事故に備えて考えておきたい対策

 プール開きの季節が近づいてきました。プール開きは、どこの保育施設でも期待の大きなイベントです。それだけにプールあそびは、たのしいと同時に安全性も求められています。しかし、注意をしていても事故が起きる ...

保育の事故報道と再発防止策

保育施設の正月行事で子どもとお餅を安全に食べる方法

 2016年の元日も高齢者を中心にした窒息事故が複数件起きたように、お餅の危険性について広く知られるようになりました。子どもたちに日本の食文化のひとつとして、保育施設でお餅つき行事を開催するにあたって ...

保育の事故報道と再発防止策

プールあそびの危機管理を大和市幼稚園教諭のプール水死事故から考える

 大和市の学校法人西山学園「大和幼稚園」のプール遊びの水死事故で、業務上過失致死罪に問われた元担任教諭に対して、求刑通り「罰金50万円の判決」が出ました。この事故が起きたひとつひとつの事象を自らの保育 ...

保育の事故報道と再発防止策

お泊り保育で重大事故を防止しながら思い出をつくるためのリスクマネジメント

 保育園児がひとり、お泊り保育の夜に入った温泉施設で溺れて意識不明の重体となる事故が起こりました。園児が溺れた湯船の中に大人は居らず、引率した保育所職員は溺れたところが見えていなかったと言います。 起 ...

保育の事故報道と再発防止策

東日本大震災にみる帰宅難民の不安に応えた保育園の姿

 2011年3月12日午後に、宮城・石巻港近くの岸壁で孤立していた幼稚園児11人を含む、32人が無事に救助された旨が報道されました。子どもたちも、よくがんばりましたが、園長以下、職員のみなさんが、ご自 ...

Copyright© 保育安全のかたち , 2018 All Rights Reserved.