保育の事故報道と再発防止策

保育の事故発生時の対応のための安全ガイドラインにあった窒息時対応の補足

https://child-care.ne.jp

 平成27年12月の「特定教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会 最終取りまとめ」以来、3か月間にわたった調査研究事業検討委員会を経て、いよいよ内閣府から保育の安全ガイドラインが公表されました。もうご覧になりましたか?

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/index.html#kyouiku_hoiku

公開された3つの中のひとつ、【事故防止のための取組み ~施設・事業者向け~】に、再発防止のための参考例として、「誤嚥・窒息事故防止マニュアル~安全に食べるためには~(浦安市作成)」が掲載されており、その中の『窒息時の対応(の手順)』を見ていて、一緒に解説してほしいと感じた情報を、誠に勝手ながら補足・追記してみました。

特に重大事故が発生しやすい場面ごとの注意事項や、事故が発生した場合の具体的な対応方法等について、各施設・事業者、地方自治体における事故発生の防止等や事故発生時の対応の参考となるよう「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」を作成しました
教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会より

保育の安全ガイドラインの窒息事故の対応手順より

 まず、ガイドラインの構成、および対応手順を見ていると、どうやら過去の事故事例にあった、園長先生がお皿を片付けに、一時的に子どものそばを離れて、戻ってきたら子どもが窒息していたといった事態を想定しているのではないかと想像しました。

たぶん、すでに窒息だと目でみてとれる状況なので、発見から次の行動までの判断を誤ると、すぐさま命を失う事態に発展しかねない様子に、その最初の判断に必要な情報を、もう少しはっきりと書いてあったらいいなと考えたことがきっかけでした。

乳児は「胸部突き上げ法」、幼児は「腹部突き上げ法」ができます

以前は、窒息した子どもであっても、腹部突き上げ法(ハイムリック法ともいう)は、お腹の中を傷つける可能性もあって危険なので、やってはいけないとされていました。今は、効果が高いことから、背中をたたく(背部叩打法)と一緒に推奨されています。

0歳児は、さすがに発育上、危険を冒してもつりあうメリットがのぞめないので、お腹を突き上げる代わりに、胸の真ん中をつきあげる「胸部突き上げ法」を行ないます。しかし腹部突き上げ法もふくめ、けっして万全ではなく、突き上げても詰まったものが取れない状況は、そのまま重大な結果を招きかねないので、窒息そのものの防止が求められます。

乳児の食事による窒息事故に安定した背中の叩き方(動画あり)
 人口動態統計をみると、0歳児が亡くなった理由の7割~8割が窒息です。保育現場だけでも、「息ができない」ことで亡くなる事故が毎年のように繰り返されています。それはうつぶせ寝による突

子どもの意識がない場合の呼吸管理について

 窒息事故に限らず、なんらかの理由で子どもが失神して倒れて、呼びかけに反応はないが、呼吸は確認できているという出来事は、けっして珍しい話ではありません。呼びかけに反応はないが、呼吸はしていたし、救急隊も呼んだから大丈夫だろうという、勝手な安心感が事態を悪化させた事故事例もあります。意識はないが、呼吸をしていて、生きているからこそ、救急隊がくるまでの間の応急処置で何をするか、がとても大切です。

子どもが意識なく倒れたままでいると、呼吸をしていても、しだいに舌根がノドをふさいで呼吸が止まってしまうといったことも少なくありません。当然ながら呼吸が止まってしまうまで何もしない(見てもいない)ということはあってはいけません。

AEDは「ショックボタンは必要ありません」のガイダンスもある

不安を感じるほどに呼吸のペースが乱れたり、よわくなったと感じたら、気道確保や補助呼吸(人工呼吸)で、呼吸することを助ける行為もやれることが望ましいです。そして心肺蘇生法を行なうとなったら、近くにあるAEDを一緒に使用していきます。

AEDはガイダンスに従って、心臓に対してショックボタンを押す機械ですが、適当に取り付けても、「ショックボタンは必要ないので、心肺蘇生をつづけてください」というガイダンスが出ることも普通にあります。けっして壊れたわけではありません。

勝手に補足:「近いから、気づけるだろう・・・」思い込みに注意

今回のように窒息事故を想定した場合、そのようなガイダンスになる可能性は高いと思われます。AED講習で、ボタンを押さないシチュエーションは、あまり練習しないと思いますが、もしもの場合も、すぐにガイダンスに反応できるような心構えをもっておきましょう。

最後に。普段にぎやかな子どもが、今日は静かに食べていると、不思議に思って子どもの様子をのぞき込んだら、窒息した状態で、苦しくて、じっとすわったまま固まっていたという、保育現場からの報告があります。保育者のイメージほど、苦しがってさわいだりせず、そばにいただけでは気づけないほど、静かに窒息していて、びっくりしたそうです。

あらためて、子どもの窒息事故の再発防止に努めていきましょう。

保育の安全ガイドラインまとめ第2段は「事故発生時の基本的な流れ」
 平成28年3月に公開された、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」(以降、保育の安全ガイドライン)は、例示が多いかわりに、同様の内容を扱いな
追加・補足情報だけをもって子どもの安全や、事故の再発防止を保証するものではありません。補足情報は、個人の見解であり、団体そのほか、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」や検討委員会にも当然ながら一切、関係しません。実際のガイドラインを見て、対策を考える際の参考となりましたら幸いです。

保育の事故発生時の対応のための安全ガイドラインにあった窒息時対応の補足

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。【評価:★★★★★】

【読者の声】保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。【評価:★★★★★】

  • 筆者紹介
  • 最新記事

遠藤 登(安全管理研修担当)

1993年に保母資格と教諭免許を取得。幼稚園勤務等を経て保育所の園長職兼、子どもの傷病者対応を専門とした救命処置法の普及活動を開始しました。2011年お昼寝中に心肺停止した園児を救うことが叶わず現在の活動に至る。株式会社保育安全のかたち代表取締役/ 保育現場のリスクマネジメントをテーマとした書籍を執筆(単著・共著ほか)

お気軽にご相談・ご依頼ください

1

主催団体向け 公募した受講対象者に向けた集合研修への登壇依頼・実施までの流れ 設置法人向け 施設内ほか設置法人内の職員に向けた研修のご依頼・実施までの流れ 保育の危機管理および事故対応等の研修のご依頼 ...

2

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

-保育の事故報道と再発防止策

Copyright© 保育安全のかたち , 2018 All Rights Reserved.