保育現場の重大事故を防ぐ研修

避難所運営を疑似体験したい参加者募集【6月13日夕方6時~横浜市桜木町駅】

 保育施設に勤める者同士、同じように子どもの最善の利益を求めて保育をしているはずなのに、どうにもギクシャクしてしまう。新規に設立された保育園や職員の入れ替わりの激しい施設では、そんな悩みが聴こえてきます。子どもたちのためにどうにかしたい、子どもを真ん中にした保育の実践に向けて、保育者間の合意形成が進む場をつくる知恵が求められています。

保育の事故対応も思い通りに運ばないので事前準備と場づくりが大事です。そこで今回は、誰もが冷静ではいられないものの、助け合う者同士、ひとつひとつの意見を受け止めながら数々のトラブルを解決に導く必要に迫られるという、災害現場の「避難所」の疑似運営を通じて、この「場づくり」を体験します。あなたもグループワークに参加して、一緒に考えてみませんか。

避難所運営ゲーム「HUG」の参加者募集について

あらためまして、6月13日(火)の夕方6時から、横浜市の桜木町駅で避難所運営ゲーム「HUG」を開催します。お知らせとともに、グループワーク参加者を募集いたします。今回、災害救護の実績もあるNPO JAEAスタッフの方にファシリテーションをお願いしました。被災地ボランティアに興味のある人はもちろん、保育関係者も緊急事態の場づくりの参考にご参加ください。

NPO JAEA http://www.jaea.org/

東日本大震災が起きたとき、多くの保育関係者が子どもを守りながら不安な時間を過ごした記憶も忘れられませんが、けっして終わったわけではありません。今後も関東圏における広域自然災害が発生した場合を想定して、多くの避難生活者がでた場合に各区市町村で避難所の運営などの対策が求められています。日ごろの避難訓練を見なおすことも大切な役割りです。

東日本大震災にみる帰宅難民の不安に応えた保育園の姿
 2011年3月12日午後に、宮城・石巻港近くの岸壁で孤立していた幼稚園児11人を含む、32人が無事に救助された旨が報道されました。子どもたちも、よくがんばりましたが、園長以下、職

避難所運営ゲーム「HUG」の概要と参加者が体験できること

避難所運営ゲーム「HUG(ハグ)」とは、静岡県庁が考案したグループワークです。『災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、また炊き出し場や仮設トイレの配置などの生活空間の確保、視察や取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながらゲーム感覚で避難所の運営』を学べると好評で、各地で開催されています。

参加者は、年齢や性別、国籍が違う避難者が押し寄せる避難所の運営を担います。それぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所となった体育館や教室に見立てた平面図に適切に配置しながら、様々なハプニングにどう対応していくかを話し合って答えを導きます。次々と訪れる出来事を短時間で解決できるかどうか、あなたの発想とコミュニケーション力が問われます。

避難所運営ゲーム「HUG」の参加に期待するところ

 避難所の疑似体験とはいっても目の前にあるのは紙とペンと参加者だけで、そのルールもシンプルです。とても自由度が高く、ただ単にカードに書いてある情報を整理するだけで進めていくと何も残らないかもしれません。どれだけ参加者がワークに没入し、カードの情報を基にした避難者のストーリーをつむいでもらえるかで全く異なるゲーム展開になることでしょう。

参加者がイメージを広げて出した問題解決のためのアイデアを、グループの中で育てて形にするには適切な議論が必要です。お互いがともに避難者の味方として、一緒にアイデアを実現するという認識も重要です。『良いアイデアを実現して、避難者の利益となる答えを導き出す』という目的をもって、参加者間のコミュニケーションを深めてくださることを願っています。

避難所運営ゲーム「HUG」の実施要項について

(日 時)平成29年6月13日(火)午後6時~午後9時
※ご都合による早退等は自由とさせていただきます。

(会 場)横浜市市民活動支援センター 4階・会議室
〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1−56
https://opencity.jp/yokohama/

(主 催)保育応急救護協会

(日 程)時間配分は予告なく変更することがあります。

18:00~開会・避難所運営ゲーム「HUG」についてのガイダンス
 1グループ・5~6名に分かれて実施
19:50~休憩
20:00~グループワークの振り返り
21:00~終了

(対 象)
防災ボランティアグループの関係者、被災地ボランティアに関心のある方ほか、
保育関係者など賛同いただける方でしたらどなたでもご参加いただけます。

(定 員)20名(先着順)

(参加費)500円(機材費、飲み物、お菓子等の準備代としてご協力ください)
※当日、箱の中に入れていただく形でお支払いいただきます。

(持ち物)筆記用具ほか、リラックスできる動きやすい服装でお越しください。

(申込方法・締切)
平成29年6月12日(月)までに以下のメールフォームからお申込みください。
※ちらしを近日、公開予定です。よろしければお気軽に知人、ご友人もお誘いください。

(必須)
例)山田 太郎
(必須)
例)mail@example.com
例)03-1234-5678
(必須)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでNurseryOnlineをフォローしよう!

書籍【保育救命】~保育者のための安心安全ガイド~

【読者の声】園で子どもたちをのびのびと遊ばせてあげたいけれど、安全面が気になってしまって、禁止ばっかりを作りがちでした。でも、ここにのっている、ハザードマップを作れば、事前に予防ができそうだし、とっても簡単なので、忙しい私たちでもできそうなので、早速やってみたいと思っています。 怪我の対処法も、チャート式で簡潔になっているのでわかりやすいです。かなりオススメですよ。

保育現場のケガの手当て、事故対応の決定版といえる1冊。チャート式で、緊急時に何をしたらいいかの判断がわかりやすいと大好評。ハザードマップをつかったヒヤリハットの対応から、不安の大きな保護者対応まで、これ1冊で準備できます。

安全で豊かな保育づくりに向けて

1

 保育者の皆さんは、子どものこころとカラダの健全な成長を願いながら、日々の保育を担っていることでしょう。子どもが輝かしい未来に向かって、元気に生活するためにも、専門的な裏づけとともに、客観性に優れた安 ...

2

保育を仕事にする対応義務者(保育士や幼稚園教諭ほか、ベビーシッターと保育ママなど)に子どもを守り、保育を守る応急処置のほか、リスクマネジメントに関する研修や情報をお届けし、保育の安全性を高めて重大かつ ...

3

 保育者は、安全な保育のためにどのような専門技能を習得したらいいのでしょうか。保育事故の訴訟報道には必ず「注意義務」という言葉が出てきます。福祉の保育もサービスの保育も仕事として契約した時点で注意義務 ...

-保育現場の重大事故を防ぐ研修

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.