「 事故予防の組織的取り組み 」 一覧

保育のリスクとハザードの定義(リスクマネジメントの基礎知識)

 平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、それに伴って、保育施設が遵守すべき安全についての規定(平成26年内閣府令第39号)が定められました。これまで保育の安全性は、事故を起こすか起 ...

ノロウイルスの大流行と保育施設に大切な潜伏期対策の考え方

 熊本県南小国町の保育園でもちつき行事を通じて集団食中毒が発生したように、全国でノロウイルスの大流行が危ぶまれています。国立感染症研究所によると、過去10シーズンで最も流行した2012年のピーク時に迫 ...

集団保育の応急手当 「万が一のとき」の初期対応の手順

 応急手当の基本はケガや病気が悪化することを遅らせたり、手当て開始当初の状態を留めることです。それに加えて、保育者には「保護者の不安を解消すること」が応急手当のゴール到達に求められます。子どものケガを ...

保育のヒヤリハットの集め方とヒヤリハットを生かした保育の事故防止の方法

 保育で、いつからか「ヒヤリハット運動」と呼ばれるものが広がり、ヒヤリハットを集めて事故防止に役立てようという盛り上がりを見せたものの、保育現場からは「ヒヤリハットが集まりません」、「集めたヒヤリハッ ...

「スゴいい保育」に掲載された豊かな保育を実現するリスクコントロールについて

 保育のいまの声と必要な未来を伝えるサイト「スゴいい保育」の中の、「シンカする保育(「深化」と「進化」を続ける保育の今をさぐる)」の一番最初の記事として、安全と豊かな保育についてまとめた、『保育士は言 ...

【保育救命】出版記念セミナー:安心安全な保育体制をつくるポイントを解説

 保育施設で、子どもたちが安心して、元気にあそぶことができる、子どもの発達を保障する安全な保育環境づくりを応援していくためのガイドブック、「保育救命」が、7月1日(金)メイトのひろばブックス(月刊ひろ ...

たのしいプール開きから一転!保育事故に備えて考えておきたい対策

 プール開きの季節が近づいてきました。プール開きは、どこの保育施設でも期待の大きなイベントです。それだけにプールあそびは、たのしいと同時に安全性も求められています。しかし、注意をしていても事故が起きる ...

重版決定!「保育救命」保育者のための安心安全ガイド(ひろばブックス)増刷中

 保育施設で、子どもたちが安心して、元気にあそぶことができる、子どもの発達を保障する安全な保育環境づくりを応援していくためのガイドブック、「保育救命」が、7月1日(金)メイトのひろばブックス(月刊ひろ ...

保育の安全ガイドラインまとめ第2段は「事故発生時の基本的な流れ」

 平成28年3月に公開された、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」(以降、保育の安全ガイドライン)は、例示が多いかわりに、同様の内容を扱いながらも構成がバラバラ ...

保育を仕事にする対応義務者のための保育の事故のリスクマネジメント

 保育を仕事にする者(保育所職員や幼稚園教諭、そして保育ママやベビーシッターなど)は、保育の利用者と保育の契約を結びます。保育の契約を結ぶと、保育をするにあたって、子どもの事故に対して法的な注意義務や ...

保育施設で起きた重大事故調査および再発防止策に関する報告書のリンク先

保育施設で起きた重大事故調査および再発防止策に関する報告書のリンク先

 保育施設の運営の透明性を高め、もし深刻な事故が起きても十分な検証を行なうことができて、再発防止が叶う制度について検討する「教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会」が催されています ...

「ファミリー&フレンズCPRコース」をつかった自主研修のすすめ

 救命救急講習といえば消防署の普通救命講習が有名ですが、指導資格などに関係なく誰でも国際規格の心肺蘇生法講習を開催することができる教材「ファミリー&フレンズCPRコース」をご案内します。 ファミリー& ...

保育安全のかたちは、のびやかに育む安全な保育環境づくりをお手伝いします

 2016年に内閣府から保育事故について初のガイドラインが公表されて、保育者は安全対策スキルの習得・維持が職務として求められることになりました。保育者は指導計画を立てたら、日々子どもの成長を評価すると ...

アーカイブ:「焦点/保育所、津波襲来で明暗/犠牲少なく…

以下に消去される可能性のある新聞記事のアーカイブとして残します。 ■2011年10月04日火曜日 Copyright © The Kahoku Shimpo  東日本大震災により岩手、宮城、福島3県で ...

お泊り保育で重大事故を防止しながら思い出をつくるためのリスクマネジメント

 保育園児がひとり、お泊り保育の夜に入った温泉施設で溺れて意識不明の重体となる事故が起こりました。園児が溺れた湯船の中に大人は居らず、引率した保育所職員は溺れたところが見えていなかったと言います。 起 ...

東日本大震災にみる帰宅難民の不安に応えた保育園の姿

 2011年3月12日午後に、宮城・石巻港近くの岸壁で孤立していた幼稚園児11人を含む、32人が無事に救助された旨が報道されました。子どもたちも、よくがんばりましたが、園長以下、職員のみなさんが、ご自 ...

乳幼児突然死症候群(SIDS)のガイドラインを受けて保育者が考えること

 厚生労働省から「乳幼児突然死症候群(SIDS)」のガイドラインがもたらされたことで、SIDSの疑いがもたれる症例については解剖が義務付けられました。それまで全国の保育園で、子どもが預けられていた最中 ...

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.