「 保育の安全基準 」 一覧

保育指針の健康及び安全につながる保育の事故防止ガイドラインと省令の枠組み

 平成30年改定の保育所保育指針において、保育の安全にまつわる「健康及び安全」が第5章(全7章)から第3章(全5章)へ移動するとともに、具体的な備えとして「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生 ...

保育事故の裁判事例 20選からゆたかな保育につながるヒントを探すセミナー

 子どもたちを保育して、子どもの命にかかわる仕事である以上、保育者は常に過去の重大事故に学び、「うちの園でも起こるかもしれない」「うちの園ではどのような対策が取れるだろうか」と、自分たちの保育に当ては ...

保育のヒヤリハットの集め方とヒヤリハットを生かした保育の事故防止の方法

 保育で、いつからか「ヒヤリハット運動」と呼ばれるものが広がり、ヒヤリハットを集めて事故防止に役立てようという盛り上がりを見せたものの、保育現場からは「ヒヤリハットが集まりません」、「集めたヒヤリハッ ...

「スゴいい保育」に掲載された豊かな保育を実現するリスクコントロールについて

 保育のいまの声と必要な未来を伝えるサイト「スゴいい保育」の中の、「シンカする保育(「深化」と「進化」を続ける保育の今をさぐる)」の一番最初の記事として、安全と豊かな保育についてまとめた、『保育士は言 ...

保育の安全ガイドラインまとめ第2段は「事故発生時の基本的な流れ」

 平成28年3月に公開された、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」(以降、保育の安全ガイドライン)は、例示が多いかわりに、同様の内容を扱いながらも構成がバラバラ ...

保育の事故発生時の対応のための安全ガイドラインにあった窒息時対応の補足

 平成27年12月の「特定教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関する検討会 最終取りまとめ」以来、3か月間にわたった調査研究事業検討委員会を経て、いよいよ内閣府から保育の安全ガイドラインが公 ...

座って食べて窒息事故をふせぐ「保育のリスクマネジメント」とは

(一財)日本病児保育協会のオープンセミナーでお話した題材のひとつを、@serukoさんが漫画にしてくださいました。よい機会なので、この「座って食べないと窒息につながる」事故の可能性について、どのように ...

保育を仕事にする対応義務者のための保育の事故のリスクマネジメント

 保育を仕事にする者(保育所職員や幼稚園教諭、そして保育ママやベビーシッターなど)は、保育の利用者と保育の契約を結びます。保育の契約を結ぶと、保育をするにあたって、子どもの事故に対して法的な注意義務や ...

音声認識アプリを保育事故の状況保存に役立つように改善するポイント

 保育中に子どもの命を失う深刻な事故についての訴訟が起きています。事故が起きた際の保育の過失性を問うことはもとより、事故の前後の状況、特に保育者が事故に対してどのように対応したのか明確な説明が行なわれ ...

病児保育をやりたい 本気で保育事故をなくしたい 保育におすゝめの研修5つ紹介

 病児保育のニーズが高まっています。保育園の増加、保育ニーズの多様化に伴って安全性の確保も求められています。保育園児の命を守りたいと兎にも角にも救命講習を受講するのも大切ですが、どこで受講したかという ...

Copyright© 保育安全のかたち , 2017 AllRights Reserved.